断熱・気密

断熱工法

吹き付け断熱:発泡ウレタン

断熱材として水性発泡ウレタンを吹き付けています。グラスウールなど繊維系の断熱材は、寸法が合ってなかったりすると隙間ができることもありますが、発泡ウレタンは構造躯体の形状に合わせて発泡・硬化し、自ら接着するので、躯体との隙間がなく、断熱効果をより高めています。また、躯体 に密着するので経年変化による脱落や剥がれもほとんどありません。

床断熱

快適な住まいに欠かせない断熱。壁はもちろんcasaの住まいでは、床にも断熱材を設置します。床断熱は冬の冷たい空気を遮り、夏は涼しい空間を保つ重要な役目をはたします。床断熱で一歩進んだ快適な住まいをご提供します。

基礎断熱

冬にスリッパを履かずに歩いた時、床が「冷たい!」っと思ったことはありませんか?

これは基礎にしっかりとした断熱がされていないため、床下に冷たい空気が流れこんでいるからです。床が冷たければ、部屋全体の温度も下がりますから、床暖房やエアコンをつけたりと、光熱費がかかります。基礎の内側と外側の両方からしっかり断熱することで、床の快適性を生み出します。