構造

様々な構造体

木造軸組工法(在来工法)

木造軸組構法(もくぞうじくぐみこうほう)とは、建築構造の木構造の構法のひとつです。日本で古くから発達してきた伝統工法を効率化・発展させた構法で、在来工法(ざいらいこうほう)とも呼ばれています。

木造軸組工法(在来工法)は、柱、梁と呼ばれる材料で木造軸組工法組み上げていく事が基本となっています。これを軸組みと呼び、主にこれらの材料で地震や台風などに耐える構造となっています。

設計自由度が比較的高めの工法で、間取りの変更を伴うリフォームが比較的行ないやすい構造になるので、将来にどんなリフォームの可能性があるかを考えて計画しておくと、より長く住めるように出来ます。
 

金物工法

日本人に愛されつづけてきた「木の家」。従来の木造軸組み工法は、柱などをくりぬき、そこに先端を細くした梁を組み合わせるなどするため、木材の欠損部分が大きくなり、地震の揺れなどが心配でした。

こうした弱点を改良する金物工法は、接合金具を使用して、木材の削り取り部分を最小限に抑えながらしっかりと軸組みを固定します。

きわめて耐震性に優れているため、“地震列島”と呼ばれている日本には適した建築法として現在広く普及しつつあります。
 

ベタ基礎

ベタ基礎とは、基礎の立上りだけでなく、底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎です。

家の荷重を底板全体で受け止め、面で支えます。また、地面をコンクリートで覆うので地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリの侵入も防ぎます。