構造材

写真は集成材になります。

無垢材(杉・桧)

一本の原木から角材や板を直接必要な寸法に切り出したものの事をいいます。木本来の質感、風合いという面で魅力があり、化学物質を含まない自然素材としても注目されています。また、湿気の多い日は水分を吸収し、乾燥している日は水分を放出して湿度を一定に保とうとするため、『縮む』『膨らむ』という性質がある。また、そのため、そりや割れがおきやすい材料でもあります。ただし、充分に乾燥した無垢材を用いることで、軽減することができます。
 

集成材(杉・桧)

集成材は、自然の木の良さを結集した画期的な材料です。集成材は、ひき板や小角材を材料としています。大きな節や割れなどの欠点を取り除き、その繊維方向を平行にそろえて、厚さ、幅及び長さの方向に集成接着をした木質材料です。充分に乾燥するとともに、木材特有の欠点を取り除くことで狂い、反り、割れなどが起こりにくく強度の安定性があるといわれています。人工素材にはない木の良さを活かした材料であり、自由な形状や長さにできることから、和室の部材から大型建築物まで品質の安定した木質材料として幅広く利用されています。